美味しいバームクーヘンができるまで 〜極上の熟生しっとりバームクーヘン編〜
ステップ1 卵を攪拌します。粉は丁寧に計量します。バターは火にかけ、溶かします。 ステップ2 材料を順番に、ミキサーに入れ攪拌していきます。攪拌の途中で、数回に渡り、比重を量ります。これは、生地を安定させるための重要な手順です。温度や湿度、気候によって生地の状態が変わってきますので、細心の注意を払って作業します。その後、溶かしバターを投入します。 ステップ3 素手で生地の状態を最終確認します。職人曰く「バームとの会話の時間」だそうです。 こちらは生地を巻くめん棒。マ・クルールでは、熱の伝導率が良いので、気のめん棒にクラフト紙を巻いたものを使用しています。 このめん棒を使うと熱の入り方が緩やかになるのです。 ステップ4 いよいよ、焼成機に生地を流し込んでいきますよ。 温度や時間をセットします。これは生地の状態や室温、気候により微調整が必要です。 生地の温度もチェックします。 ステップ5 太さに偏りがないか計測しながら焼きます。 生地が均等になるよう付きっきりの作業です。 どんどん大きくなってきましたよ〜。このしたたり落ちる生地がまた美味しそうです。 ステップ6 この日は、およそ54分で焼きあがりました〜。これだけ時間をかければ、バームクーヘンのかわいさもひとしおであります。これから冷ましていきます。 冷めたらラップにくるみ、回転機にかけます。重力による偏りを防ぐためにじっくり時間をかけますよ。出来立てはまるでシフォンケーキのようにふんわり柔らかですが、じっくり熟成させると生地が落ち着きバームクーヘン独特の重厚なあじわいが出てきます。 熟成後はスライスし丁寧に袋詰めし、出荷を待ちます。
マ・クルールのバームクーヘンが届くことで多くの人笑顔になりますように。 スタッフ一同、心を込めてお届けしています。